教育方針

部活に勉強の両立

最近の中学生は忙しい・・・。

中学校の部活というものは、他の地域は分かりませんが、体育部が多い印象です。そうなると、体を動かすことが多くなります。部活にもよりますが、休日も練習や試合などが組み込まれていることが多いようです。

そんな中、学業も両立していくために、塾に来ている生徒さんも多くいます。学力を上げるために、頑張ってほしい反面、疲れて、居眠りしている生徒さんも多いですし、どうみても眠さを我慢できない生徒さんも多いです。

私の理論から言うと、眠い時は寝ろ!と思っています。ここで無理やり起こしても、ほとんど頭には残らないということは、経験から知っています。

かといって、そのままにしておくわけにもいきません。生徒さん自身の24時間の生活の中で、どれくらい無駄な時間を過ごしているかを、各自考えてもらう必要があります。計画を立てるというより、少しでも無駄を省くということです。その時間をできるだけ睡眠や自宅学習に回すことが重要となります。

よく、学校で毎日の計画を立てる方向で、表を埋める作業を課せられているようですが、うちでは、1日の中で無駄を省いて、何とか最低15分作るように言っています。これができる生徒は、部活と勉強の両立が可能になります。やらずにそのままの生徒は、のびません。

1日15分を作るという行為をやるかやらないか・・・。たったそれだけのことですが、これが1年も2年も積み重なっていくと、結構大きな時間になります。予定や計画は、その通りに行かないことがほとんどです。それより、無駄を省くことを考えていきましょう!

関連記事