二葉塾長のつぶやき

安部元首相暗殺事件に思うこと

まずは、安倍元首相並びにご家族、関係者のみなさまにおかれましては、心からお悔やみ申し上げます。安倍元首相の無念、いかばかりか計り知れません。

混迷する日本を、しっかりと立ち上がることができる状態にまで再建していこうと、日々努力を重ねられ、8年以上もの長期にわたり、日本の首相という重責を、自らの体調と相談しながら全うされたこと、心から有難く思います。そして、なにより、停滞する日本において、お人柄からくる笑顔をいつもくださいました。

間違いなく、唯一無二の総理大臣であったと確信しております。謹んでご冥福をお祈りいたします。

2022年7月8日に発生した、安倍元首相暗殺事件。あえて暗殺事件と書かせていただく。

これは、日本の汚点として歴史に残るのは言うまでもない。

そのうえで、この数日、マスコミやネットなどから見えたことを、簡単に述べたい。

当然のことながら、民主主義の根幹となる選挙期間中に発生したこの蛮行は、絶対に許せない行為である。このような政治家など国の要人を狙ったテロ事件は、過去に全くなかったわけではない。しかし、今日までのところ、愚民である山上容疑者の動機を聞き知るに、まったくもって、幼稚なものである。

もちろん、理由はともあれ、このような犯罪は絶対に許してはならないのだか、政治的な理由でもなければ、怨恨でもない・・・。このような稚拙な理由で、この日本において唯一無二の政治家の命が奪われることに、激しい憤りを覚えて仕方がない。

また、マスコミによる報道内容を見ると、警護の不備をやたらと取り上げているが、この辺が、なんともやるせない。そもそも、今まで通りの選挙活動を行って、つつがなく選挙が執り行える国であったはずなのだが、こういう事件が起こると、警察やSPに責任の矛先が向けられる。

結論から言えば、戦後の日本、特に最近の日本で、この事件は、ほぼ確実に防ぐことはできなかっただろう。

拳銃の乱射事件などが、ほとんどないこの日本で、拳銃の音と、今回使用された手製の銃の発砲音を瞬時に聞き分ける能力を持った人が、果たしてどれくらいいるのだろうか?

私自身も、動画などで聞いたことしかないが、売られている拳銃の音は、もっと乾いているし、演説を聞きに来られていた方々の動画を見ても、衝撃波があったことが見て取れる。つまり、拳銃の発砲に関しては、音も全く違うし、火薬の量も全く違うのである。

これを、防ぐということ自体が不可能といえよう。

もちろん、警護の体制や警護計画、警備にあたる人数などなど、これからの日本における要人警護の方法に関する課題はたくさんあるだろう。その点を可及的速やかに検討する必要はあると思われる。

また、安倍首相暗殺事件だけではなく、京アニ放火事件や、クリニック放火事件など、発生する理由が全く理解できない事件が多発している。事件だけではなく、DVや家族内での殺人などが増加しているのも、無視できない。

これらの犯罪者に共通するものは何なのか?と考えると、これからも類似した事件が多発しそうな気がする。犯罪の動機だけではなく、犯罪者の生まれ育ちや、家庭環境なども詳しく分析する必要がありそうである。

このような事件が起こるたびに、日常生活における閉塞感が増す。しかし、閉塞感が増す方向に対策を講じなければ、このような犯罪を防ぐことはできないだろう。

しかし、最後に救いだったのは、安倍元首相の死を悼む声が、日本各地から聞かれたことだ。この事件に対して無関心な国民がどれくらいいるのかは分からないが、何かしらの怒りや悲しみを覚えた日本人が、たくさんいてくれることを望んでいる。

関連記事